授業の概要
日本人学習者が日本で中国語を学習するために適した教授法およびそれに適応した教材について考える。中国語の教授法や教材は教育現場と切り離して考えることはできない。その教育現場が日本で日本人のみを対象とする場合、中国での教育手法とは異なるはずである。たとえば日本語で文法指導することも可能となるため、直接教授法を主としながらも文法指導にかかる時間は大幅に圧縮することができるのである。講義では、明海大学中国語学科において採用している教育モデルを例として取り上げ、その構想、教材、指導方法、学習効果について具体的に論じていきたい。

到達目標
明海大学で行っている教育モデルについて理解を深め、授業技法の細部にまで踏み込んでトレーニングし、中国語の模擬授業程度が行えるようになる。

履修条件
特になし。なお、集中講義の日程については、履修登録期間前に掲示等で指示するので、確認の上履修登録をすること。

評価基準・方法
授業時の積極性とレポートによって評価する。

教科書
教材は初めの授業の時に配布する。

参考書
適宜指示する。

授業内容と授業外(事前・事後)の学修及び学修目安時間

1回
  • 授業内容:ガイダンス
  • 事前学修:1.0hr: 中国語が日本人にとりどのような言葉であるのかを考えておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
2回
  • 授業内容:テキスト序章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの序章部分をよく読み、議論がせきるように準備しておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
3回
  • 授業内容:テキスト序章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの序章部分をよく読み、議論がせきるように準備しておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
4回
  • 授業内容:テキスト序章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの序章部分をよく読み、議論がせきるように準備しておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
5回
  • 授業内容:テキスト第一章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第一章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
6回
  • 授業内容:テキスト第一章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第一章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
7回
  • 授業内容:テキスト第一章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第一章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
8回
  • 授業内容:テキスト第二章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第二章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
9回
  • 授業内容:テキスト第二章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第二章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
10回
  • 授業内容:テキスト第二章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第二章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
11回
  • 授業内容:テキスト第三章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第三章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
12回
  • 授業内容:テキスト第三章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第三章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
13回
  • 授業内容:テキスト第三章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第三章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
14回
  • 授業内容:テキスト第四章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第四章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
15回
  • 授業内容:テキスト第四章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第四章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
16回
  • 授業内容:テキスト第四章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第四章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
17回
  • 授業内容:テキスト第五章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第五章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
18回
  • 授業内容:テキスト第五章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第五章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
19回
  • 授業内容:テキスト第五章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第五章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
20回
  • 授業内容:テキスト第六章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第六章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
21回
  • 授業内容:テキスト第六章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第六章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
22回
  • 授業内容:テキスト第六章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第六章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
23回
  • 授業内容:テキスト第七章(1)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第七章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
24回
  • 授業内容:テキスト第七章(2)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第七章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
25回
  • 授業内容:テキスト第七章(3)
  • 事前学修:1.5hr: テキストの第七章部分を読み、議論ができるように準備する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
26回
  • 授業内容:模擬授業(1)
  • 事前学修:1.5hr: 教材を自ら作成して模擬授業を行う準備をしておく。模擬授業を行った後にはその内容についての討論も行うので、その準備もしておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
27回
  • 授業内容:模擬授業(2)
  • 事前学修:1.5hr: 教材を自ら作成して模擬授業を行う準備をしておく。模擬授業を行った後にはその内容についての討論も行うので、その準備もしておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
28回
  • 授業内容:模擬授業(3)
  • 事前学修:1.5hr: 教材を自ら作成して模擬授業を行う準備をしておく。模擬授業を行った後にはその内容についての討論も行うので、その準備もしておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
29回
  • 授業内容:模擬授業(4)
  • 事前学修:1.5hr: 教材を自ら作成して模擬授業を行う準備をしておく。模擬授業を行った後にはその内容についての討論も行うので、その準備もしておく。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。
30回
  • 授業内容:まとめ
  • 事前学修:1.5hr: これまでに議論されてきた内容を各人整理して発表、討論する。
  • 事後学修:0.5hr:授業で討論された内容を確認し、自分なりに問題点を深めておく。